小技で一本!
パソコンの便利で使える小技をご紹介します。きっとあなたのお役に立てると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康を守る技
OS(Windows7)の便利技をご紹介しています。今回はパソコン作業による負担から健康を守る技です。

「健康を守るのに技が必要なの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、パソコンの設定や操作方法を変えたり、周辺機器や道具を使ったりする事で作業負担がかなり軽減されます。

パソコン作業をすると、目や肩(首や腕を含む)の負担が大きくなります。負担軽減の技を目と肩に分けてご紹介します。

目の負担軽減

1.輝度の調整

パソコンのディスプレイ(画面)を見ていると、どうしても目が疲れてきます。本を読んでいても目は疲れますが、パソコンのディスプレイは光りますので、疲労度が大きくなります。そこで、ディスプレイの輝度を調整します。輝度は動画などが良く見えるように出荷時には最高に設定されていますので、輝度を下げて暗くします。

ディスプレイには下図のように画面の左右や上下に輝度を調整するボタンがあります。ボタンを押して自分に合った輝度にしてください。

bbb108.gif

2.文字の大きさ

ウェブサイトには小さな文字で表示してあるサイトも多いです。小さな文字を読み続けると目が疲れます。そのような場合は、Ctrlキーと+キーを押すと、文字が大きく表示されます。マウスを使っている場合は、Ctrlキーを押しながらマウスのホイールを回転させても同じ操作ができます。

3.画面の移動

画面をスクロールして上下に動かすような時に、動く文字を目で追いかけるのはとても疲れます。画面を移動する時はスペースキーを使いましょう。スペースキーを押すと、画面単位で移動出来ます。前に見ていた画面の下部が次の画面の上に表示されるので、続きを読みやすくなります。Page Down やPage Up キーがある場合はそちらを使っても同じです。

4.疲れ目を癒す

目を使いすぎた場合は、目を使わないことで回復します。その他に遠くの景色を眺めるのも効果的です。夜や「部屋から遠くの景色を見られないよ」とおっしゃる方にはお勧めのサイトがあります。メガネのHOYA株式会社が作ったサイトで、パソコンモニター上の対象物(ボール)を眺めるだけで、無意識に遠方視ができるような設計をしたショートムービーです。

bbb102.gif

肩(首や腕を含む)の負担軽減

パソコン作業による肩(首や腕を含む)への負担は主にキーボードとマウスによる操作が原因です。健康を守る技はその2つに分けてご紹介します。

1.キーボード

キーボードは文字などのデータを入力するために使います。入力の効果はWindowsの設定によって変えることができます。スタートメニューの検索窓へ「キーボード」と入力します。コントロールパネルの欄に「キーボード」の項目がありますのでクリックします。「キーボードのプロパティ」画面が表示されますので、「表示までの待ち時間」や「表示の間隔」を「短く」したり「速く」したりします。

bbb103.gif

次にキーボードの置き方ですが、できるだけ平らになるように置きます。チルトスタンド(立て足)を使って斜めにすると、手首が曲がって手首の負担が大きくなります。

bbb109.gif

2.マウス

マウスもWindowsの設定を変えることで使い易くなります。スタートメニューの検索欄に「マウス」と入力します。コントロールパネルの欄に「マウス」の項目がありますので、クリックします。「マウスのプロパティ」画面が表示されますので、ポインターオプションタブにある「速度」を速くします。マウスを動かすと、ポインターも速く移動するようになります。

また、「動作」の項目で「ポインターを自動的に既定のボタン上に移動する」にチェックを入れると、マウスを動かす動作が減って楽になります。

bbb106.gif

マウスの操作で指先に負担が大きい操作がダブルクリックです。ダブルクリックの操作をシングルクリックでもできるようにする設定があります。スタートメニューの検索窓に「フォルダー」と入力します。コントロールパネルの欄に「フォルダーオプション」の項目がありますので、クリックします。「フォルダーオプション」画面が表示されますので、全般タブの「クリックの方法」の項目で「ポイントして選択し、シングルクリックで開く」にチェックを入れます。

bbb105.gif

マウスの操作による負担を軽減するには、周辺機器を使う方法もあります。マウスのクリック操作を足で操作する「フットスイッチ」と言う道具があります。マウス操作による負担を手と足に分散できるので、とても操作が楽になります。価格は1,300円~3,000円程度です。

bbb107.gif

パソコン操作による健康への影響を軽減するポイントは、操作の回数や動作を少なくすることです。マウスの右クリックで表示されるサブメニューを利用したり、キーボードのショートカットキーを覚えたりすることでも負担はかなりの軽減ができます。

《補足説明》

厚生労働省は2002年に「VDT作諜における労働衛生管理のためのガイドライン」(VDTガイドライン)を発表しました。VDT(Visual Display Terminals)作業とは、パソコンを使って行う作業のことです。ガイドラインでは、作業環境や作業時間などについて定めています。

ガイドラインが健康を守るための基本です。技と一緒に覚えておきましょう。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表    49.席順作成表    50.商品説明書     《ソフト一覧表》




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://soumukouboo.blog91.fc2.com/tb.php/218-0f9ae336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

総務工房(そうむこうぼう)

Author:総務工房(そうむこうぼう)
ソフトウェアや電子書籍の製作と販売などをしています。低価格で充実したサービスを提供しています。是非ご利用下さい。

《こちらからお入り下さい》

~プレスリリース~
10月の無料ソフトは「会社カレンダー」です。

「無料ソフト」とは、毎月1個のソフトを無料でご提供するサービスです。詳細は総務工房のホームページをご覧ください。



最近の記事



カテゴリー



お買い物はこちらで

商品名を入力して「検索」ボタンをクリックしてみよう!





エクセルの解説書

PDF版の電子書籍です

「ベクター」で絶賛発売中!



ワードの解説書

PDF版の電子書籍です

ベクターで絶賛販売中!



ネット講座

いつでもどこでも学べます。

受講をお待ちしています。



FC2カウンター



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



ブログ内検索



最近のトラックバック



関連広告





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。