小技で一本!
パソコンの便利で使える小技をご紹介します。きっとあなたのお役に立てると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配列数式
今回、ご紹介するのはエクセル2010の「配列数式」です。

配列数式とは「配列(作業セル)を内在させた数式」の事です。これだけではイメージができないと思いますので、例題を使ってご説明します。

A1~A6セルにデータ(野菜の名前)の入ったセルが6個あります。データの入ったセルを数えるには「COUNTA関数」を使います。A7セルに「=COUNTA(A1:A6)」と入力します。そうすると下図のように6(個)が表示されます。

001.jpg

このデータをよく見ると、「とまと」が重複しています。データ(野菜)の種類を計算するにはどうしたら良いでしょうか?普通に計算するには作業セルを作ります。B1セルに「=COUNTIF($A$1:$A$6,A1)」と入力します。A1セルの値がA1~A6セルの範囲にいくつあるかを計算します。「とまと」はデータが2個ありますので、2(個)になります。この関数をB2~B6セルまでコピーします。

002.jpg

C1セルに「=1/B1」を挿入して、C6セルまでコピーします。「とまと」は、1÷2=0.5になりますが、他の野菜は1÷1=1になります。「とまと」が3つ重複していれば0.3333に、4つ重複していれば0.25になります。つまり重複している野菜はどれだけ重複していても合計すると1(種類)になります。

003.jpg

C7セルに「=SUM(C1:C6)」と入力します。結果は5(種類)になります。

004.jpg

普通はこのように作業セルを作って種類を計算しますが、なんだか面倒ですね。作業セルも計算が終われば不必要になってしまいます。そこで、役に立つのが配列数式です。配列数式を使えば1つのセルで計算できます。

A7セルに「=SUM(1/COUNTIF(A1:A6,A1:A6))」と入力してから、Ctrlキー+Shiftキー+Enterキーを押します。そうすると、下図のように数式の両脇に中括弧{}が付きます。

005.jpg

この数式を日本語に直すと次にようになります。『A1~A6セルまでの範囲でA1~A6セルのデータの数を数え、それぞれその数で1を割る。1を割った結果を合計する。』結果は5(種類)になります。

配列数式では、1つの計算をしてその結果を格納し、後で別の計算に使う事ができます。つまり、作業セルを作らずに計算ができるのです。手間も時間もかからずに計算できるのでとても便利です。

《補足説明》

配列数式の特徴は数式を入力した後で、Ctrlキー+Shiftキー+Enterキーを押す事です。この操作をしないとエラーになります。最初に作るときもそうですが、後で再編集をする時にも忘れずにこの操作をしてください。

006.jpg



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表    49.席順作成表  50.商品説明書   51.労働者名簿  52.親族関係図
《ソフト一覧表》




スポンサーサイト
INDIRECT関数(3)
エクセル2010のINDIRECT(インダイレクト)関数についてご紹介しています。3回目の今回は、INDIRECT関数と「リストからの入力」についてです。

「リストからの入力」は「データの入力規則」機能を使って、セルに入力できるデータをリストから選択する方法です。この方法を使うと、データを簡単に、そして正確に入力できます。

A1セルに入力規則を設定してみましょう。A1セルを選択してから、データタブ→データツールグループ→データの入力規則 を選択します。

「データの入力規則」画面が表示されますので、入力値の種類を「リスト」に、元の値に「総務課,人事課,経理課」と入力します。A1セルに右に▼ボタンが表示され、クリックすると「総務課,人事課,経理課」のリストが表示されますので、入力したいデータを選択します。

eee09.gif

それでは、下図のようにA1セルのデータによって、B1セルのリスト内容が変わるようにするにはどうしたら良いでしょうか?ここでINDIRECT関数が重要な役目をします。

eee11.gif

下図のような「社員名簿」と「組織構成」の2つの表があります。課題は次の2 つです。

1.「社員名簿」の所属部の列に「組織構成」の部をリストから選択できるようにする。
2.「社員名簿」の所属課の列に「組織構成」の部に応じた課が表示されるようにする。

この課題を解決するポイントは、セル範囲に名前を付ける、入力規則を設定する、INDIRECT 関数を使う、の3 つです。

eee01.gif

1.組織構成の表の項目セル、総務部、営業部、商品部に名前を付けます。

セル範囲(B15~D15)を選択してから、名前ボックスに「組織構成」と入力します。

eee02.gif

2.社員名簿の所属部の列に入力規則を設定します。

所属部の列(C7~C11)を選択してから、データタブ→データツール→データの入力規則を選択します。「データの入力規則」画面が表示されますので、設定タブの入力値の種類を「リスト」にします。次に、元の値を「組織構成」にします。

eee08.gif

eee03.gif

この操作で所属部の列(C7~C11)には入力規則が設定されました。

C7 セルを選択すると、セルの右に▼ボタンが表示されますので、ボタンをクリックするとリストが表示されます。リストからデータを選択するだけでセルに入力できます。

eee04.gif


3.組織構成の表の各課に名前を付けます。

総務部、営業部、商品部の中にある各課のセルに名前を付けます。総務部の中にある、総務課、人事課、経理課のセル(B16~B18)を選択し、名前ボックスに「総務部」と入力します。同じように、営業部の中にある各課(C16~C19)を選択し、「営業部」と名前を付けます。同じように、商品部の中にある各課(D16~D20)を選択し、「商品部」と名前を付けます。

eee05.gif

4.社員名簿の所属課の列に入力規則を設定します。

社員名簿の所属課の列(D7~D11)を選択し、データタブ→データツール→データの入力規則を選択します。「データの入力規則」画面が表示されますので、設定タブの入力値の種類を「リスト」にします。次に、元の値を「=indirect(C7)」と入力します。indirect は大文字でも小文字でも構いません。但し、文字を間違えないように入力して下さい。

eee06.gif

以上の操作で、所属課の列(D7~D11)のセルを選択すると、所属部に応じたリストが表示されます。例えば、所属部が総務部の場合は、総務課、人事課、経理課が表示されます。所属部が営業部の場合は、第一課、第二課、法人課、広告課が表示されます。

eee07.gif

INDIRECT 関数は、引数「参照文字列」に指定したセル範囲を参照する関数です。「参照文字列」にはセル番地や、範囲につけた名前を入力します。この例ではC7 セルが「総務部」ならば「=INDIRECT(”総務部”)」となり、「総務部」という名前のセル範囲を参照します。「総務部」という名前のセル範囲には総務課、人事課、経理課の3 つのセルがありますので、それらがリストに表示されます。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表    49.席順作成表    50.商品説明書     51.労働者名簿     52.日用品軽快版     53.事務用品軽快版     54.親族関係図
《ソフト一覧表》






プロフィール

総務工房(そうむこうぼう)

Author:総務工房(そうむこうぼう)
ソフトウェアや電子書籍の製作と販売などをしています。低価格で充実したサービスを提供しています。是非ご利用下さい。

《こちらからお入り下さい》

~プレスリリース~
10月の無料ソフトは「会社カレンダー」です。

「無料ソフト」とは、毎月1個のソフトを無料でご提供するサービスです。詳細は総務工房のホームページをご覧ください。



最近の記事



カテゴリー



お買い物はこちらで

商品名を入力して「検索」ボタンをクリックしてみよう!





エクセルの解説書

PDF版の電子書籍です

「ベクター」で絶賛発売中!



ワードの解説書

PDF版の電子書籍です

ベクターで絶賛販売中!



ネット講座

いつでもどこでも学べます。

受講をお待ちしています。



FC2カウンター



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



ブログ内検索



最近のトラックバック



関連広告





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。