小技で一本!
パソコンの便利で使える小技をご紹介します。きっとあなたのお役に立てると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OneNote2007の概要
今回、ご紹介するのはOneNote2007の概要です。

OneNote2007はWordやExcelと同じようにOfficeに含まれるソフトです。Office2003から新しい一員になりました。私もPCを買った時にOneNoteがプレインストールされていたので、名前だけは知っていたのですが、使った事はありませんでした。今回、このブログを書くために使ってみたのですが、直ぐに気に入ってしまいました。

OneNote2007を一言で言うと「情報管理ソフト」です。あらゆる情報を収集、整理して使えるようにします。例えば、Wordで文書を作る時には先ず、情報を集めます。集めた情報を整理したり、下書きをしたりしてから正式な文書を作ります。この下準備の過程をOneNote2007が行うのです。今まではメモ紙に手書きで行っていた作業です。その他にも、スクラップブックやパスワードの管理、旅行や出張の準備など、情報の収集や管理のために広範囲に使えます。

それでは、OneNote2007の概要をご説明します。OneNote2007は下図のように、ノートブック、セクション、ページの3つから構成されています。

o-1.gif

OneNote2007は普通の大学ノートをイメージしてもらえば分かり易くなります。大学ノート1冊がノートブックで、ノートブックのインデックス(タブ)で分けられた部分がセクション、セクション内のページがそのまま書き込むためのページになります。ノートブックやセクション、ページは自由に追加や削除が出来ます。

それでは、ページの構成をご説明します。

o-2.gif

ページには左上にタイトルを入力する箇所があります。ここに入力したページタイトルがページ右側の見出しになります。ページタイトルはウェブサイトの記事を転送した場合のように、自動的に表示される場合もあります。ページタイトルの下にある作成日付は自動的に表示されます。後は、ページの本文を入力するだけです。ページの本文を拡大すると下図のようになります。

o-3.gif

一番上の文章の頭部に旗が付いていますが、この旗はOutlookの機能を使っています。OneNote2007はOfficeの一員ですので、WordやExcel、PowerPoint等との連携もスムーズです。

文字や図形は「ノートコンテナ」と呼ばれるWordのテキストボックスのような機能によって、好きな場所に入力する事が出来ます。メモ帳に手書きで自由に書き込む感じです。

図形の貼り付けも自由に出来ます。上の図はウェブサイトの地図を切り取って貼り付けた場合です。図形の上に手書きのように記号などを書き込めます。

このようにOneNote2007は操作の自由度が高く、広範囲な分野に活用が出来ます。次回からは、用途別に使用方法をご説明します。

《補足説明》

最初の図で、左端にあるノートブック・ナビゲーションバーが折りたたまれていましたが、ボタンをクリックして開く事が出来ます。

o-4.gif

一番上にノートブックの名称が表示され、その下にセクション名が表示されます。今、見ているページがどのノートブックのどのセクションなのか一目で分かります。また、エクスプローラのようにページの移動やコピーが簡単に出来ます。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日    《ソフト一覧表》




スポンサーサイト
アウトルック2007の受信機能
今回、ご紹介するのはアウトルック2007の受信機能についてです。

アウトルック2007の受信機能は、アウトルック・エクスプレス(これ以降ではOEと呼びます)と比較して便利な機能が多数あります。その中でも特に便利だと思った機能をご紹介します。

1.クイック検索

OEにも検索機能はありましたが、アウトルック2007の検索ははるかに速く、そして検索範囲も広くなります。検索窓にキーワードを入力すると、即座に検索結果を表示します。検索の範囲はメールのタイトルだけでなく、本文や添付ファイルの内容まで含まれます。そして、検索の根拠となったキーワードが黄色でハイライト表示されます。

n-2.gif

クエリビルダと呼ばれるボタンをクリックすれば、検索条件を様々に変える事も出来ます。

n-9.gif

2.受信お知らせ機能

メール以外の操作をしていてもメールを受信すると、画面の右下にポップアップ画面が表示されて受信を知らせてくれます。送信者やタイトル、本文の冒頭部分が表示されています。

n-1.gif

3.添付ファイルのプレビュー機能

ファイルが添付されている場合は、ファイルの内容がプレビューで表示されます。ファイルを開かなくても内容を確認できるので便利です。下の図は「テスト」という件名のテキストファイルを添付した場合です。

n-3.gif

4.受信メールの整理機能

受信メールを整理する機能としてフォルダを作って、条件の合うメールを仕分けする方法はOEでもありました。アウトルック2007ではその方法に加えて、フラッグや色で受信メールを整理できます。

n-4.gif

5.迷惑メールの管理

アウトルック2007には迷惑メールフィルターを使って、条件にあったメールを自動的に迷惑メールフォルダに移動させる機能があります。迷惑メールフォルダに入ったメールのリンクは無効にされ、クリックしてもジャンプできません。迷惑メールのリンクをクリックすると、下図の様なメッセージが表示されます。

n-6.gif

また、ツールバーから手動で迷惑メールに関係した様々な設定をする事が出来ます。

n-5.gif

《補足説明》
アウトルック2007にはスケジュールソフトが組み込まれていて、受信メールから予定表を作る事も出来ます。予定は画面の右端にToDoバーを表示させて確認する事が出来ます。

私は別のスケジュールソフトを使っていますので、アウトルック2007の予定表の機能を詳しくご説明できません。ご容赦ください。

n-7.gif



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日    《ソフト一覧表》






プロフィール

総務工房(そうむこうぼう)

Author:総務工房(そうむこうぼう)
ソフトウェアや電子書籍の製作と販売などをしています。低価格で充実したサービスを提供しています。是非ご利用下さい。

《こちらからお入り下さい》

~プレスリリース~
10月の無料ソフトは「会社カレンダー」です。

「無料ソフト」とは、毎月1個のソフトを無料でご提供するサービスです。詳細は総務工房のホームページをご覧ください。



最近の記事



カテゴリー



お買い物はこちらで

商品名を入力して「検索」ボタンをクリックしてみよう!





エクセルの解説書

PDF版の電子書籍です

「ベクター」で絶賛発売中!



ワードの解説書

PDF版の電子書籍です

ベクターで絶賛販売中!



ネット講座

いつでもどこでも学べます。

受講をお待ちしています。



FC2カウンター



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



ブログ内検索



最近のトラックバック



関連広告





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。